TEL 0594-27-6610
    TEL 0594-27-6610
スィートが提供するサービス

デイサービスとは

元気の源は、食活・脳活・足活 食事活動(栄養をとる)、脳活性(自分で考える)、足の運動(自分の足で歩く)

 デイサービスは、通所介護ともいい、送迎付きで食事や入浴、レクリエーションなどを受けられます。体を動かすことや、交流の場を提供することで気分のリフレッシュを図り、閉じこもりを防止、孤独の解消や、ストレスの軽減、精神面での維持向上を図ります。
 これに加え、介護が必要な高齢者を預かってくれるという点で、毎日介護を行っている家族の負担軽減も大きな役割となっています。

グループホームとは

認知症になっても普通の生活を 「おいしいご飯」「気持ちのいいお風呂」「安心したお手伝い」

 料理も掃除も洗濯も できることはご自分で。
周囲から何らかの支援を受けながらも、他の方の生活を支える「お互いさま」の暮らし。 それが認知症の人の居場所、グループホームです!
 私たちのスタッフの仕事は、認知症になっても最期の最後のその時まで その人らしさを守り抜くこと。今までの生活習慣を大切にしたかかわりを行います。

小規模多機能ホームとは

介護のオーダーメードサービス 「必要な時に、必要な物を、必要な分だけ」

小規模多機能の役割
・病院を退院してから在宅で暮らすまでの期間のブリッジ的役割 回復期間の表示を再考する
・家族介護に限りがあり24時間体制で見ることができない方のサポート的役割
・独居の方や認知症の方の暮らしの見守り的役割

サービス付き高齢者向け住宅とは

 サービス付き高齢者向け住宅は、ご高齢の方が住み慣れた地域でずっと暮らしていけるように専門のスタッフによる「安否確認サービス」・日常生活のお困りごとなどの「生活支援サービス」の付いたシニア向けの賃貸住宅です。
  明確な基準に沿って居室の広さ(原則25㎡以上)が定められバリアフリー化等が施された住宅で、有料老人ホームではなく一般の賃貸住宅扱いとなります。また居住者の必要に応じて、食事提供、訪問介護などを受けることができるなど居住者のニーズにあった住まい方を選択できます。

居宅介護支援とは

 居宅介護支援事業所は、都道府県の指定を受けて介護支援専門員(ケアマネージャー)を配置しているサービス事業所のことです。介護支援専門員は、介護の専門的知識を広くもっており、介護サービスを利用する際の相談に応じたり、アドバイスを行います。
 また、居宅サービス事業者等との連絡・調整を行い、心身の状況、環境、ご本人や家族の希望等を考慮して介護サービス計画(ケアプラン)の作成を行います。

訪問看護とは

「自分らしく生きる人生」の応援団として最高の支援をいたします。

 看護師がお宅に訪問して、その方の病気や障害に応じた看護を行うことです。主治医の指示を受け、病院と同じような医療処置も行います。
 退院後すぐはご本人もご家族もこれからの生活に不安を感じている場合が少なくありません。訪問看護師が介入して自宅でご本人の力を発揮できるように意識的に看護を行うことで、退院後の生活に自信が持てるようになります。また自宅で最期を迎えたいという希望に沿った看護も行います。24時間連絡対応しておりますのでご安心ください。